えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

EVENT
2017.10.14

GABOMI REI 写真展 空とオボー[writer]ノリヲ

  • twitter

GABOMI REI(ガボミ レイ)
写真家。1978年高知生まれ。香川在住。2008年独学で写真を開始。2012年ドキュメンタリー写真集「ことでん 仏生山工場」を赤々舎より出版。近年は実験的なコンテンポラリー写真も多く制作し、独自の視点で「神秘」を探求。原始的自然信仰に強い関心がある。写真は実在した光のデータであると考えるため、デジタル加工は一切しない。2012年高松市立美術館「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.02」招聘作家。2013年SICF14紫牟田伸子賞受賞。2014年水戸芸術館「クリテリオム89」招聘作家。2015年香美市立美術館「香美アートアニュアルVol.03」招聘作家。2016年資生堂ギャラリー「第10回 shiseido art egg」にて入選、個展を開催。 

 

 

GABOMI REI photography exhibition at MUSTAKIVI Oct14-Nov19

GABOMI REI 写真展「OBOO 空とオボー」

2017年10月14日(土)~2017年11月19日(日)入場無料

このたび、写真家 GABOMI REI(ガボミ レイ)による個展「空とオボー」を開催いたします。

本展は、2017年夏にモンゴル北西部で撮影されたオボーにまつわる未発表写真作品を中心とした展示です。モンゴルでは古来より、天、山、水、森などには神が宿るとされ、日本の古神道にも通じる自然信仰があります。小高い峠や森の入り口などには、石や木を積み上げて作られたOBOO(オボー)をたびたび見る事ができ、神々や霊が降臨してくる場所だと信じられてきました。本展は、GABOMI REIが近年取り組んで来た「神秘の探求」において、ひとつの到着点にあたる個展となっており、愛媛・石鎚山での新作、フィンランドなどで制作された過去の代表作も展示いたします。GABOMI REI独自の視点が捉えた、異世界のようで、極めてリアルな探求の記録を、みなさまと共にできましたら大変幸いです。

 

会場/MUSTAKIVI(ムスタキビ)

〒790-004 愛媛県松山市大街道3-2-27 1F-B1(ギャラリーB1)

OPEN11:00-CLOSE20:00/定休日 火・水曜

電話/089-993-7496

 

ノリヲ

ノリヲ

株式会社エス・ピー・シー マチボン編集部のノリヲです。 おもにマチボン編集と、媒体や広告のディレクションをさせていただいております。 外見はアイドル好きそうと言われますが、実は邦楽ROCK好き。ライブハウスに出没。 RIZEとBONEZ愛。ネコも好き。仕事もライブ感を大事にのっていきます!

HP http://machibon.net/
facebook https://www.facebook.com/machibon.ehime/
instagram https://www.instagram.com/machibon/