えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

shop & event
2018.01.23

愛媛偏愛紀行 Vol.2[writer]たけの

  • twitter

もう2018年になって2週間余りがたちました。

 

鏡開きのぜんざいが食べたいけど、一人暮らしで作ったら

とんだフードファイターやなあ、と葛藤しているたけのです。

あけましておめでとうございます。

2018年もゆるゆる更新してまいりますよ~

 

松野町にあった、名前とのギャップがすごいほっこりスポット

 

 

今回ご紹介するのは、松野町にある「芝不器男記念館」です。

 

あ、「芝不器男」というのは人名で、「しば・ふきお」と読むそうです。本名です。

人名に不器って、正直あんまりよさそうな感じがしませんが

趣のある外観に惹かれてちょっとのぞいてみました。

 

芝不器男さんはいったい何者?

 

芝不器男さん、実は松野町出身の俳人なんです!

 

明治36年(1903年)に松野町の元庄屋の家庭に生まれた不器男さん。

気になる名前の由来は、論語の「君子不器」という言葉からきているそうです。

 

…君子不器って何だそれ?

私もそう思った一人だったので調べてみました(笑)

「君子不器」は「君子ハ器ナラズ」、

つまり、優れた人物は、一つのことだけでなく、

様々なことに通用する才能を持っているということ。

そんな人になってほしい、というご両親の想いからきているんですね。

よさそうじゃないとか言ってしまって、大変失礼いたしました…

 

そんな素敵な名前のようにすくすく育った彼は、

幼いころから句集をよく読み、高校時代には高浜虚子の「虚子句集」を愛読。

その後、進学で上京した時期もありましたが、地元に戻り本格的な作句活動を始めます。

 

そこで彼は、才能を発揮し始めるのです。

 

タイムスリップしたような古民家に広がる、不器男の名句

 

この記念館では、彼が発表した俳句や、掲載された句集などが展示されています。

 

実は、建物は彼の生家を改修したものなのですが、

ほとんど当時のままなのか、雰囲気がすごく良い。

私が行ったときは紅葉の時期だったため、庭にある木々が色づいて、

しかも窓ガラスはおばあちゃん家にありそうなレトロなガラス。

あの、もやもやしたやつです。

 

他にも、囲炉裏があったり七輪があったり、まるでタイムスリップをしたようでした。

 

彼の作品は、教科書にも出てくる、かの有名な高浜虚子にも認められ、

24歳にして俳句の課題選者になるまでになり、彼の名声はどんどん高まっていきました。

プライベートでも、伊予鉄道電気・副社長の娘さんと結婚し

公私ともに充実した毎日を送っていたのでした。

 

ただ、そんな矢先に、彼を病魔が襲います。

結婚した翌年に発病し、その1年後

26歳という若さでこの世を去ってしまったのでした。

 

 

ノスタルジックな街並みが残る松野町、恐るべし

 

 

俳句に詳しいわけではありませんが、

こんな、映画の題材になりそうな話を、まさか松野町で知ることができると思わず、

個人的にはかなり満足できるスポットでした。

 

また記念館の前には、旧松丸街道という

風情のある街並みや、昔はにぎわっていたであろうパチンコ屋などが並ぶ、哀愁漂う道があって

またそれもたまりませんでした。

 

今の時期は寒そうですが、

最寄りのJR松丸駅には、近所のおばあちゃんが集う足湯もあるのでご安心を(笑)

 

今回、ご紹介した芝不器男記念館の詳細はこちら。

 

◎松野町立芝不器男記念館

住所:愛媛県西宇和郡松野町松丸258

開館時間:9:00~17:00

休館日:毎週水曜、年末年始(12/28~1/4)

料金:大人(高校生以上) 200円、中学生以下無料 ※団体割引(20名以上)150円

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今年も楽しくいきましょう。

では、また。

たけの

たけの

(株)SPC 3年目になりました。松山市民も3年生。広く、浅くがモットー。 街で麦わらのベレー帽かぶった人を見かけたら、きっとそれ私です。

HP http://machibon.net/
facebook https://www.facebook.com/machibon.ehime/
instagram https://www.instagram.com/machibon/