えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

COLUMN
2018.07.02

町家再生活動「YATSUGI」(大洲市肱南地区)_01[writer]久世 雄也

  • twitter

町家を未来に繋げる

 「YATSUGI」は、平成29年から昔ながらの町並みが残る大洲市肱南地区で、空き家などの町家を未来に繋いでいく活動をしています。

 具体的には、維持管理等で負担のある空き家の所有者と交渉し、次に「住み継ぐ人」につなげるまで、地域のメンバーで掃除やイベント活用を行います。

 これまでに10棟の町家を延べ130名で清掃し、またイベントで活用する中で、多くの様々な人に助けられ、この場所でチャレンジしたいと想う人とも巡り会うことができました。

活動内容はこちらから facebook

 

この夏、空き家に2店舗が出店

− 甘味 霧中 −

 地元の若手メンバーがオープンした、地域の果物や特産物を使用した「かき氷」と「コーヒー」のお店。旬の地元産果物でできたシロップを使用するため、そのときどきでメニューは変わります。

 場所は大正から昭和にかけて品質の高さから伊勢神宮にも生糸を奉納していた「旧今岡製糸」の本宅。100年以上前の古民家です。

おとのさま氷 =抹茶+大洲銘菓「志ぐれ」+ミルク

代表 宮岡氏

古民家らしく店内は古道具でディスプレイ

甘味 霧中-KANMI MUCHU-
2018.07.01(sun) open
大洲産を中心に旬の果実を使った、手作り生シロップかき氷と、カフェラテやフローズンなどのドリンク類もご用意しています。
今週のかき氷 各600円
・おとのさまこおり (抹茶+ミルク+大洲銘菓しぐれ)
・生メロンみるく
・ごろごろブルーベリーみるく
・キウイみるく
ドリンク 各400円
・カフェラテ(hot・ice)
・イチゴフローズン
土・日 営業(平日不定期営業)
open: 11:00
close: 16:00
大洲市大洲282(おはなはん通り近く)

詳しくはこちらから facebook

 

− みどりのキルン −

 デザイナー兼植木鉢職人の山岡氏が愛媛産の青石などを用い植木鉢やマグカップを制作する「みどりのキルン」。昨年からイベントなどで販売をしておりましたが、大洲市の古民家で店舗オープン。

 場所は元文房具店の高月優商店。店主の人柄で多くの人が訪れていたこの場所も、空き家になっていました。こちらも100年以上前の古民家です。

みどりのキルン-midorino kiln-
2018.06.30(sat) open
・植木鉢
・マグカップ

木・金・土 午後営業
大洲市大洲146(おおず赤煉瓦館近く)

詳しくはこちらから HP

 

町家を活用方法をイメージしながら清掃します。

オソウジダイサクセン

 YATSUGIでは随時町家を清掃を行っております。

 次回は江戸時代から続く「村田邸」。

詳細及び申し込みはこちらから facebook

 

町家を活用したイベントで出店者募集が始まりました。

城下のMACHIBITO 2018.11.24-25

 100年前を賑わいを取り戻すことをコンセプトに、空き家などの町家や通りで、「まちびと」(出店者、地域住民、主催者)が集いイベントを行います。

昨年の様子はこちらから PRMOVIE

募集の詳細はこちらから 募集概要

 

久世 雄也

久世 雄也

大洲市職員。大洲肱南地区を中心に、町家の清掃などを通して町を生かす活動を行う「YATSUGI」や、町家を活用したアート&クラフト&フードイベント「城下のMACHIBITO」の事務局を担当。日々の暮らしを通して、大洲の町家の魅力を発信する。

HP http://ozu-machibito.com/
facebook
instagram