えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

EVENT
2018.07.06

銀座 森岡書店 森岡督行 TALK SHOW & WORKSHOP[writer]たけの

  • twitter

こんにちは。

今日は、密かに盛り上がりを見せる春日町でのイベントのご案内です。

 

 

 

銀座 森岡書店 森岡督行 TALK SHOW & WORKSHOP

A SINGLE DAY with A SINGLE BOOK

 

日時 2018年7月22日(日)

 

【第1章 Sa-Rah est イベント】

トークショー 森岡督行さんと課題図書を読む

◇時間 11:00~(10:30開場)

◇場所 Sa-Rah est(松山市春日町13-9 春日ビル1階)

◇入場料 1500円(with 1 drink)

◇定員 40名

 

【第2章 本の轍イベント】

ワークショップ 森岡督行さんと「これからの本屋を考える」

◇時間 14:00〜16:00

◇場所 本の轍(松山市春日町13-10 小田原ビル1階)

◇参加費 3500円

◇定員 6名

 

 

1冊の本を売る本屋・森岡書店

 

東京・銀座の賑やかな中心街から少し離れた静かな場所にある、森岡書店

名前だけ聞くと、よくある本屋さんのような印象を受けるかもしれません。

 

 

でも実際は、写真のような店内。

 

「え、本なくない?」

そうなんです。あの、本屋でよく見る光景が一切ないんです。

 

 

扱う本は、いつも一冊。期間は一週間。

その間、その本にまつわる様々なイベントを行って、

その本の理解を深めていきます。

例えば、著者本人を招いてトークショーや朗読会をしたり、

絵などの展示を行ったり。

 

扱っている期間は、その本のための「部屋」へと変わります。

 

 

春日町で森岡書店さんに浸る1日を。

 

こちらのイベント、実は2部構成。

 

前半は、大洲にある服やさん・Sa-Rah の2号店、Sa-Rah est さんでのトークショー。

フリー編集者・江原礼子さんをゲストに、

1冊の本に関して参加者も一緒になって皆で語り合います。

 

 

そして、後半はSa-Rah est さんの隣りにある本屋・本の轍さんで

本屋のこれからについて語るワークショップ。

かなり近い距離で森岡さんとお話できる、貴重な内容になっています。

 

 

前半・後半ともに、定員が決まっているのですが

あっという間に予約が埋まりそう…。

 

私もかなり行きたかったのですが、

都合が悪くて、泣く泣く断念しました…

 

 

もしご興味のある方は是非に。

 

 

◎銀座森岡書店 森岡督行 トークショー&ワークショップ

https://www.facebook.com/events/2132992386948653/

 

 

 

たけの

たけの

(株)SPC 3年目になりました。松山市民も3年生。広く、浅くがモットー。 街で麦わらのベレー帽かぶった人を見かけたら、きっとそれ私です。

HP http://machibon.net/
facebook https://www.facebook.com/machibon.ehime/
instagram https://www.instagram.com/machibon/