えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

EVENT
2018.09.18

10/5(金) かみぬまゆうたろう ライブ会場限定盤 「ひねくれ者のうた」発売記念ツアー@松山・凸凹舎[writer]音ノ晴レ文ミ

  • twitter

10月5日(金) 愛媛|松山|凸凹舎
かみぬまゆうたろう ライブ会場限定盤
「ひねくれ者のうた」発売記念ツアー

 

一緒にいるけれどすれ違っている、
近くて遠くて、でもすぐ傍にいる2人。
微妙にして絶妙な距離感で情景を描く
楽曲が特徴のシンガーソングライター
『かみぬまゆうたろう』。

 

どこか懐かしさを感じる哀愁のメロディ、
爽やかだと思ってたら、ちょっと不思議で、
斬新な歌詞の世界観。
人懐っこさや温かさを感じて、
この空気感好きだな~。

 

 

今回はライブ会場限定盤
「ひねくれ者のうた」を
引っさげてのツアー!!

 

秋の夜長に凸凹舎さんでの素敵な空間で、

楽しい夜を過ごしましょう!

 

皆様の日常に寄り添う何気ない光景の、
新しい景色になれれば嬉しいです。
とても楽しみです!!

 

 

10月5日(金) 愛媛|松山|凸凹舎
かみぬまゆうたろう ライブ会場限定盤
「ひねくれ者のうた」発売記念ツアー

10月5日(金)

 

会場:凸凹舎
〒790-0003
愛媛県松山市三番町5丁目3-8 1F

 

出演:
かみぬまゆうたろう *ワンマンライブ

 

[時間]
開場19:30/開演20:00

 

[料金]
前売り2,500円 / 当日3,000円
(共にドリンク代別)

 

<メール予約>
kaminumayutaro@gmail.com
(日時、お名前、枚数、お話番号を明記の上、お申し込みください)
(かみぬま)
http://kaminumayutaro.jp/


 凸凹舎 
TEL:089-986-6638
https://www.facebook.com/decobocosha/

 

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/471983959950725/

 
 

かみぬまゆうたろう

 

東京都出身、埼玉県在住、1988年生まれのシンガーソングライター。 一緒にいるけれどすれ違っている、近くて遠くて、でもすぐ傍にいる2人。微妙 にして絶妙な距離感で情景を描く楽曲が特徴。1923年製の Martin O-18手に2009 年から都内のライブハウスやストリートで活動を開始。2010年には自主制作の音 源集「初期のかみぬまゆうたろう」を発表。2014 年2月にギャラクティックより タワレコメンに選ばれた1stアルバム「かみぬまゆうたろう」をリリース。10月 に初恋の嵐のカバー「真夏の夜 の事」を収録した会場限定シングル「傷口」。 2015年2月に2ndアルバム「となりのへやではきみがないている」を発表し、 FUJIROCK FESTIVAL, OTODAMA~音泉魂~, NEW ACOUSTIC CAMPに出演。

2017年7月に待望の3rdアルバム「くすんだ箱の中の物語」をリリース。

現在は次松大助(pf/THE MICETEETH)、服部将典(B/NRQ)、沖田優輔(Dr/はいからさん)、をメンバーに迎え、バンド編成での活動も行っている。
http://kaminumayutaro.jp/

 

 

音ノ晴レ文ミ

音ノ晴レ文ミ

愛媛・松山を中心に『音ノ晴レ文ミ』という屋号で音楽イベントを企画・サポートしております。2018年、今後の予定◆10/29(月)前野健太@どうごや◆11/8(木)青葉市子@コスモシアター◆蔡忠浩(bonobos)@どうごや◆11/11(日)高野寛@コスモシアター

HP
facebook https://www.facebook.com/otonoharehumi/
instagram