えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

COLUMN
2019.03.11

なにしよんvol.5 ~INTERSPECIES RECORDS~[writer]NORIZM

  • twitter

愛媛にゆかりのある人を県外から紹介する「なにしよん」、第5回目は僭越ながら自分の周囲の活動を紹介したいと思います。

楽器の街浜松

私は2000年に大学進学で愛媛を離れ、東京で6年間生活した後、大好きな愛媛に戻る前に静岡県浜松市に寄り道してしまい、今年で浜松生活14年目になります。
浜松は楽器の街と言われており、河合楽器、鈴木楽器、ヤマハ、ローランド(50音順)、その他たくさんの楽器メーカーの本社が浜松市内にあります。
学生時代音楽三昧だったため、楽器の設計がしたく、自分も浜松に来てしまいました。
浜松の楽器産業が盛んになったのは、100年ほど前、静岡県北部で採れた良質な木材が天竜川で浜松に運ばれ、ピアノ作りを始めたのがきっかけだそうです。
市内には日本で唯一の公立の楽器博物館があったり、ハママツジャズウィークというストリートジャズフェスティバルが開催されていたり、とにかく音楽に溢れている街です。
 
[浜松市楽器博物館]

INTERSPECIES RECORDS

そんな楽器の街浜松で過ごしていると、街中で競合他社の方々と会うことが頻繁にあります。クラブやライブハウスに行くと必ずと言って良いほど、どこかのメーカーの方がいます。仕事ではやはり競合他社さんのことを意識したりしますが、実はプライベートではかなり仲良くやっています。
そんな音楽好きで集まった仲間たちと、会社の壁は関係なく、昨年INTERSPECIES RECORDSという音楽レーベルを立ち上げました。
電子音楽の音源リリース、イベント開催に加え、メンバーの本業を生かしてオリジナルの電子楽器を作ったり、かなりマニアックな活動をしています。
昨年は木製のMIDIコントローラーを作製しました。
 

 
現在は新たに、レーベルオリジナルのアナログシンセサイザーを設計しています。
 
 

7inch、MIX CDリリース

そんなINTERSPECIES RECORDSから、今月2月11日に3枚の作品がリリースされました。
(すみません、これが今回の本題です)
レーベルオーナーのDJ RYOTAと私DJ NORIZMによる7インチレコードと、その二人によるMIX CDです。
もし興味ありましたら、聴いていただけると嬉しいです。
 

(1)[7inch] INTERSPECIES RECORDS SPLIT EP vol.1

diskunion通販サイト

 

[side A] DJ RYOTA / ORGANIC MACHINE
 
 
[side B] DJ NORIZM / NDIMAMBO

 

(2)[MIX CD] DJ RYOTA / COLORED SOUNDS

diskunion通販サイト

(3)[MIX CD] DJ NORIZM / PAMOJA#2

diskunion通販サイト

下記店舗様でも取扱中です。

 
 
今回のコラム、TVショッピング的な流れで失礼しました。
それではまた〜
 
NORIZM

NORIZM

松山市三津浜出身、静岡県浜松市在住。DJ、電子楽器メーカー勤務。 DJとしてはUPRISE、JISTASなどからCD、アナログを国内外でリリース。浜松で野外フェス"MINGLE VILLAGE"を主催。 電子楽器メーカーではエフェクターやアンプの設計に従事。

HP https://www.interspecies-records.com
facebook
instagram https://www.instagram.com/norizm/