えひめ 街の魅力に気づくサイトマチボンヌ

マチボン
2021.04.02

マチボンvol.17『僕らの好きな 愛媛みかん。』[writer]ひがし

  • twitter

皆さんこんにちは!

最近毎日暖かいですね~
暖かくて大好きな春の季節。とってもワクワクします(^^)

いつの間にか、近所の桜が満開で

愛犬の散歩中に、ついつい足を止めて写真を撮っちゃいます。

桜を見ると入学式など新生活のドキドキ感が蘇りますね。

新生活の皆さん頑張ってください!

 

今回のマチボンのテーマは『愛媛みかん』!

今回のマチボンのテーマは、愛媛が誇る農産物『みかん』。

「えひめはなぜ柑橘王国なのか?」

「いよかんの故郷は?」

知っているようで知らなかった様々なみかんの知識を発見できます。

 

美味しい柑橘を育てる人々や

美味しく食べることを文化として捉え、

柑橘ファンの拡大に取り組む人々に出会いました。

 

 

 

蜜柑人(ミカンド)の物語を知る。

『Tangrine(タンジェリン)』さん

 

宇和島市吉田町で2代続くみかん農家の孫、若松優一朗さんは、

大学卒業後、

東京の洋服店や長野のスキー場、石垣島のホテルなど、

心が向く仕事を重ねたそうです。

実家の柑橘で手作りジュースを作ってイベント出店をした際、

その場でもらう「おいしい」の言葉に手応えを感じ、

現在の奥さんを連れてに吉田町に帰ってきました。

笑顔が素敵でとてもお似合いなお二人ですね(^^)

 

 

 

『Nino farm』さん

二宮信治さんは京都のアパレル10年ほど勤務した後、

家業だった農家に転身。

NPO法人「柑橘ソムリエ愛媛」代表としての顔もお持ちです。

笑顔が素敵!!

 

 

 

『清水果樹園』さん

250kmの砂漠マラソンに出場し下駄で走りきったと言う、

清水果樹園の清水雄矢さん。

「今を生きる」ことを強く意識して、様々な挑戦を続けている方です。

 

 

えひめの柑橘を堪能。

お土産にもピッタリ!な、

柑橘を使った商品情報も満載です~♪

柑橘の酸味とほのかなシナモンが香る味わい。

おしゃれ~~

レモンの皮から作る南イタリアの伝統酒リモンチェッロの味。

ストレートで飲むのはもちろん、ジェラートにかけてなど楽しみ方は様々なんだとか!

 

 

柑橘乙女の徒然甘味日記♪

お取り寄せ柑橘甘味も!

ドライみかんに、みかんのパウンドケーキ。

ほっこりする可愛い甘味は見るだけでも癒やされます~

 

料理にも、みかんをプラス☆

みかんのレシピ、珍しいですよね~

みかんの搾り汁や皮を活用して料理にプラスすることで

ワンランクアップできちゃいます。

「サラダ寿司」

 

みかんの搾り汁で炊いたお米を、ちらし寿司に!

きれいなオレンジ色のごはんになるので、

カラフルなちらし寿司が完成します♡

「クリームチーズ風」

 

豆乳と青みかんの搾り汁でクリームチーズ風に。

皮も細かく切ってトッピング!

 

 

 

みかんはまるごと食べられちゃうんですね。

「みかんを食べるとどんな効きめがあるのか?」についても

愛媛のみかん博士が教えてくれています。

 

最近注目されているのが、

温州みかんの色素成分。

 

脂肪肝を改善したり、肥満や血糖値を抑えたり、骨粗しょう症の改善に

効果があるかも?!

 

 

 

 

僕らの好きな 愛媛みかん。

愛媛みかんの魅力はもちろん、

柑橘農家さんのそれぞれの人生の物語や、柑橘栽培へ想いを知れる

1冊になっています。

みかんの可能性はまだまだ無限大!だと感じました(^^)

ご購入はこちらから

ひがし

ひがし

HP
facebook
instagram